読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Greenie LXDE on VMware Workstation 12 Pro

インストールに使用しましたISOファイルは、greenie-16.04-desktop.isoです。

 

日本語入力システムは、Fcitx Mozcが利用できます。

 

Applicationsのインストールについて

LXDEメニュー → システムツール → Synaptic Package Manager

chromium-browser, chromium-browser-l10n, evolution, mutt, kmail, thunderbird, thunderbird-locale-ja, leafpad, gpartedをインストールしました。

 

LXTerminalを開いて、

user $ sudo apt-get install open-vm-tools

 

Greenie LXDEスクリーンショットです。

https://cdn.scrot.moe/images/2017/03/04/2017-03-04_16h50_27.png

LinuxOSは、32bitカーネルです。

https://cdn.scrot.moe/images/2017/03/04/2017-03-04_16h51_05.png

 

Gentoo Xfce on VMware Workstation 12 Pro

インストールに使用しましたISOファイルは、install-amd64-minimal-20160721.isoです。

仮想マシンをパワーオンします。

boot: gentooと入力して起動します。

Load keymap(Enter for default): 22と入力してjpを選択します。

 

インターネットへの接続を設定するための準備をします。

 

ifconfig

で表示されたインターフェイス名、eno16777736になります。

 

net-setup eno16777736

としてwiredのdhcpを選択します。

 

仮想ディスクにパーティションを作成します。

 

parted /dev/sda

mklabel gpt

unit mib

mkpart primary 1 3

name 1 grub

set 1 bios_grub on

mkpart primary 3 515

name 2 boot

mkpart primary 515 4096

name 3 swap

mkpart primary 4096 -1

name 4 rootfs

q

 

ファイルシステムを作成します。

 

mkfs.ext4 /dev/sda2

mkfs.ext4 /dev/sda4

mkswap /dev/sda3

swapon /dev/sda3

 

ファイルシステムをマウントします。

 

mount /dev/sda4 /mnt/gentoo

mkdir /mnt/gentoo/boot

mount /dev/sda2 /mnt/gentoo/boot

 

マウント先の環境に対して正しい日付を設定します。MMDDhhmmCCYYなので2016年07月27日10時23分なら

 

date 072710232016

 

カレントを移動し、最新のstage3 tarball(stage3-*.tar.bz2)をダウンロードします。

 

cd /mnt/gentoo

links http://www.gentoo.org/main/en/mirrors.xml

tar xvjpf stage3-*.tar.bz2

/mnt/gentoo/etc/portage/make.confを書き換えます。

nano -w /mnt/gentoo/etc/portage/make.conf

 

CFLAGS="-march=native -O2 -pipe"

MAKEOPTS="-j3"

を置き換え追記します。-j に3を指定しましたが、この数値はCPUコア数 +1が推奨されています (-j は--jobsと同じ)。

 

ミラーサーバーを選択します。

 

mirrorselect -i -o >> /mnt/gentoo/etc/portage/make.conf

mirrorselect -i -r -o >> /mnt/gentoo/etc/portage/make.conf

 

以下の入力でDNS情報を環境にコピーします。

 

cp -L /etc/resolv.conf /mnt/gentoo/etc/

 

残りのファイルシステムをマウントします。

 

mount -t proc proc /mnt/gentoo/proc

mount --rbind /sys /mnt/gentoo/sys

mount --rbind /dev /mnt/gentoo/dev

 

ルートディレクトリに入ります。

 

chroot /mnt/gentoo /bin/bash

source /etc/profile

export PS1=”(chroot) $PS1”

 

ネットから最新情報をセットアップします。

 

emerge-webrsync

 

Timezoneを設定します。

 

# cp /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime

# echo "Asia/Tokyo" > /etc/timezone

 

nano -w /etc/locale.genで必要なロケールのコメントを外して、

 

##以下を編集

en_US ISO-8859-1

en_US.UTF-8 UTF-8

ja_JP.EUC-JP EUC-JP

ja_JP.UTF-8 UTF-8

ja_JP EUC-JP

 

locale-genを実行します。

locale-gen

eselect locale list

[5] en_US.utf8

eselect locale set 5

eselect locale list

 

環境をアップデートして、カーネルソースをインストールします。

 

env-update && source /etc/profile

USE="symlink" emerge gentoo-sources

ls –l /usr/src/linux

 

cd /usr/src/linux

make menuconfig

 

◇CPU Configuration

Proccessor type and features → Proccessor family(Generic-x86_64)→

Core 2/newer Xeonを選択します。

◇Hard Drive / SCSI Configuration

Device Drivers → Fusion MPT device support → <*> Fusion MPT Scs iHost drivers for SPI

VMware Virtual Machine Communication Interface(VMCI)Support

Device Drivers → Misc drivers → <*> VMware VMCI Driver

◇Filesystem Support

<*> The Extended 4(ext4)filesystem

etc.

 

Save Changes(Save & Exit)

 

make && make modules_install

make install

 

テキストファイル/etc/fstabを編集します。

nano –w /etc/fstab

 

## BOOT,ROOT,SWAPを編集します。

/dev/sda2         /boot       ext4         noauto,noatime     1 2

/dev/sda4         /              ext4         noatime                 0 1

/dev/sda3         none       swap        sw                         0 0

 

テキストファイル/etc/conf.d/hostnameを編集します。

nano –w /etc/conf.d/hostname

 

hostname="(PC名を入れる)"

 

テキストファイル/etc/conf.d/netを編集します。この環境では、eno16777736 です。

nano –w /etc/conf.d/net

 

config_eno16777736="dhcp"

 

ネットワークの自動起動を設定します。

 

cd /etc/init.d

ln -s net.lo net.eno16777736

rc-update add net.eno16777736 default

 

rootのパスワードを設定します。

 

passwd

 

テキストファイル/etc/conf.d/keymapsでキーマップをusからjp106に変更します。

nano –w /etc/conf.d/keymaps

 

keymap="jp106"

 

テキストファイル/etc/conf.d/hwclockで時計を"local"に設定します。

nano –w /etc/conf.d/hwclock

 

clock="local"

 

DHCPクライアント & emacsをインストールします。

emerge dhcpcd

emerge emacs

 

ブートローダをインストールします。

 

emerge sys-boot/grub

 

GRUB2のセットアップを行います。

 

grub2-install /dev/sda

grub2-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg

 

終了します。

 

exit

cd

umount -l /mnt/gentoo/dev{/shm,/pts,}

umount -l /mnt/gentoo{/boot,/sys,/proc,}

poweroff

 

Login root

root password

 

ユーザーの追加をします。

useradd -m -G users,wheel,audio -s /bin/bash user_name

passwd user_name

 

sudoを利用できるようにする。

root ALL=(ALL) ALLの次の行に、追記します。

 

visudo

root ALL=(ALL) ALL

user_name ALL=(ALL) ALL

 

tarファイルを削除します。

rm /stage3-*.tar.bz2*

 

Copy file

user $ sudo cp /usr/share/portage/config/repos.conf /etc/portage/repos.conf/gentoo.conf

Copyが出来ないときには、Emacsを使って、/etc/portage/repos.conf/gentoo.confファイル(ファイルの内容は、1文字でも良いです。)を作成して下さい。その後、上記のコマンドを実行してみてください。

 

いろいろ、インストールしました。

emerge syslog-ng

rc-update add syslog-ng default

emerge cronie

rc-update add cronie default

emerge sudo

emerge openssh

emerge wget

emerge sys-fs/lsscsi

emerge twm

emerge xclock

emerge xterm

emerge xrandr

emerge mesa

poweroff

 

◆Installation xorg-server & xfce

 

Login root

root password

 

USE flagsの設定

root # nano -w /etc/portage/make.conf

 

下記とおり、設定を編集しました。

CFLAGS=”-march=native -02 –pile

CXXFLAGS=”${CFLAGS}”

CHOST=”x86_64-pc-linux-guu”

USE=”bindist xa libkms”

CPU_FLAGS_X86=”mmx sse sse2

PORTDIR=”/usr/portage

DISTDIR=”${PORTDIR}/distfiles”

PKGDIR=”${PORTDIR}/packages”

VIDEO_CARDS=”fbdev vesa vmware

INPUT_DEVICES=”evdev keyboard mouse vmmouse”

MAKEOPTS=”-j3

 

以下のとおり、インストールしました。

root # emerge xorg-server

root # emerge xf86-video-vmware

root # emerge xf86-input-evdev

root # env-update

root # source /etc/profile

root # poweroff

 

Login root

root password

 

profileを選択します。

eselect profile list

desktop GNOMEやdesktop KDEではなく、ただのdesktopを選択します。

eselect profile set 3

eselect profile list

 

USE flagsの設定

root # nano -w /etc/portage/make.conf

 

下記のとおり、編集・追記しました。

USE="-gnome -kde -minimal -qt4 dbus jpeg lock session startup-notification thunar udev X"

XFCE_PLUGINS="brightness clock trash"

 

以下のとおり、インストールしました。

root # emerge --ask xfce-base/xfce4-meta xfce-extra/xfce4-notifyd

root # emerge --ask --deselect=y xfce-extra/xfce4-notifyd

root # for x in cdrom cdrw usb ; do gpasswd -a user_name $x ; done

root # env-update && source /etc/profile

root # emerge --ask x11-terms/xfce4-terminal

 

user $ echo “exec startxfce4” > ~/.xinitrc

user $ sudo poweroff

 

その後、追加でインストールしたapplications

user $ sudo emerge --ask app-editors/mousepad

user $ sudo emerge --ask xfce-extra/xfce4-power-manager

user $ sudo emerge --ask xfce-extra/xfce4-screenshooter

user $ sudo emerge --ask xfce-extra/xfce4-mixer

user $ sudo emerge --ask xfce-extra/xfce4-taskmanager

user $ sudo emerge --ask x11-themes/xfwm4-themes

user $ sudo emerge --ask xfce-extra/xfce4-battery-plugin

user $ sudo emerge --ask xfce-extra/xfce4-verve-plugin

user $ sudo emerge --ask xfce-extra/xfce4-mount-plugin

user $ sudo emerge --ask xfce-extra/xfce4-sensors-plugin

 

日本語入力システムの構築について

user $ sudo emerge fcitx fcitx-configtool fcitx-anthy

user $ sudo emerge --ask media-fonts/source-han-sans

 

user $ sudo nano -w /home/user_name/.xinitrc (/root/.xinitrc)

 

以下のように、編集しました。

export LANG=ja_JP.UTF-8

export GTK_IM_MODULE=fcitx

export QT_IM_MODULE=fcitx

export XMODIFIERS=@im=fcitx

fcitx

exec startxfce4

 

user $ sudo poweroff

 

laymanのインストールについて

 

root # emerge --ask layman

root # echo PORTDIR_OVERLAY=\”\” > /var/lib/layman/make.conf

root # echo “source /var/lib/layman/make.conf” >> /etc/portage/make.conf

 

root # layman –L

root # layman –a mozilla

root # layman –a vmware

 

mail-client/thunderbird           Overlay:mozilla  (layman)

app-emulation/vmware-tools    Overlay:vmware (layman)

 

www-client/operaのインストールについて

 

root # echo “www-client/opera gtkkde” >> /etc/portage/package.use

root # emerge --ask www-client/opera

 

mail-client/trojitaのインストールについて

 

user $ sudo emerge --ask mail-client/trojita

 

mail-client/thunderbirdのインストールについて

 

下記のとおり、編集しました。

user $ sudo nano -w /etc/portage/make.conf

# These settings were set by the catalyst build script that automatically

# built this stage.

# Please consult /usr/share/portage/config/make.conf.example for a more

# detailed example.

CFLAGS="-march=native -O2 -pipe"

CXXFLAGS="${CFLAGS}"

# WARNING: Changing your CHOST is not something that should be done lightly.

# Please consult http://www.gentoo.org/doc/en/change-chost.xml before changing.

CHOST="x86_64-pc-linux-gnu"

# These are the USE and USE_EXPAND flags that were used for

# buidling in addition to what is provided by the profile.

USE="bindist crypt custom-cflags custom-optimization dbus debug ffmpeg gstreamer hardened jemalloc3 jit ldap lightning minimal mozdom pulseaudio startup-notification system-harfbuzz system-icu system-jpeg system-libevent system-libvpx system-sqlite -gstreamer-0 -neon -selinux -system-cairo"

CPU_FLAGS_X86="mmxext mmx sse sse2"

PORTDIR="/usr/portage"

DISTDIR="${PORTDIR}/distfiles"

PKGDIR="${PORTDIR}/packages"

VIDEO_CARDS="fbdev vesa vmware"

INPUT_DEVICES="evdev keyboard mouse vmmouse"

XFCE_PLUGINS="brightness clock trash"

MAKEOPTS="-j3"

 

GENTOO_MIRRORS="ftp://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/gentoo/"

 

source /var/lib/layman/make.conf

 

user $ cat -w /etc/portage/repos.conf/gentoo.conf

[DEFAULT]

main-repo = gentoo

 

[gentoo]

location = /usr/portage

sync-type = rsync

sync-uri = rsync://rsync.gentoo.org/gentoo-portage

auto-sync = yes

 

# for daily squashfs snapshots

#sync-type = squashdelta

#sync-uri = mirror://gentoo/../snapshots/squashfs

 

下記のとおり、インストールしました。

user $ sudo emerge --ask mail-client/thunderbird

user $ sudo emerge –av mail-client/thunderbird-bin

 

www-client/firefoxのインストールについて

 

下記のとおり、編集しました。

user $ sudo nano -w /etc/portage/make.conf

# These settings were set by the catalyst build script that automatically

# built this stage.

# Please consult /usr/share/portage/config/make.conf.example for a more

# detailed example.

CFLAGS="-march=native -O2 -pipe"

CXXFLAGS="${CFLAGS}"

# WARNING: Changing your CHOST is not something that should be done lightly.

# Please consult http://www.gentoo.org/doc/en/change-chost.xml before changing.

CHOST="x86_64-pc-linux-gnu"

# These are the USE and USE_EXPAND flags that were used for

# buidling in addition to what is provided by the profile.

USE="bindist custom-cflags custom-optimization dbus debug gmp-autoupdate gstreamer hardened hwaccel jemalloc3 jit pulseaudio startup-notification system-harfbuzz system-icu system-jpeg system-libevent system-libvpx system-sqlite wifi -ffmpeg -gstreamer-0 -gtk3 -neon -pgo -selinux -system-cairo"

CPU_FLAGS_X86="mmxext mmx sse sse2"

PORTDIR="/usr/portage"

DISTDIR="${PORTDIR}/distfiles"

PKGDIR="${PORTDIR}/packages"

VIDEO_CARDS="fbdev vesa vmware"

INPUT_DEVICES="evdev keyboard mouse vmmouse"

XFCE_PLUGINS="brightness clock trash"

MAKEOPTS="-j3"

 

GENTOO_MIRRORS="ftp://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/gentoo/"

 

source /var/lib/layman/make.conf

 

user $ cat /etc/portage/repos.conf/gentoo.conf

[DEFAULT]

main-repo = gentoo

 

[gentoo]

location = /usr/portage

sync-type = rsync

sync-uri = rsync://rsync.gentoo.org/gentoo-portage

auto-sync = yes

 

# for daily squashfs snapshots

#sync-type = squashdelta

#sync-uri = mirror://gentoo/../snapshots/squashfs

 

下記のとおり、インストールしました。

 

user $ sudo emerge --ask www-client/firefox

user $ sudo emerge –av www-client/firefox-bin

 

www-client/firefox-l10n-jaのインストールについて

 

user $ sudo nano -w /etc/portage/make.conf

下記のとおり、追記します。

L10N=”ja”

LINGUAS="ja en"

 

下記のとおり、インストールします。

root # layman –a sabayon-distro

user $ sudo emerge --ask www-client/firefox-l10n-ja

 

net-misc/ntpのインストールについて(ntp-clientで時刻同期しました。)

root # emerge --ask net-misc/ntp

root # rc-service ntp-client start

root # rc-service ntp-client status

root # rc-update add ntp-client default

root # ntpdate pool.ntp.org

 

スワップ空間(4GB)の設定について

root $ touch /swapfile

root $ dd if=/dev/zero of=/swapfile bs=1G count=4

root $ chown root:root /swapfile

root $ chmod 0600 /swapfile

root $ mkswap /swapfile

root $ swapon /swapfile

root $ swapon –s

root $ poweroff

 

user # sudo nano –w /etc/fstab

「/swapfile none swap sw,loop 0 0」を追記しました。

 

/dev/sda2                  /boot                    ext4                 noauto,noatime    1 2

/dev/sda4                  /                           ext4                 noatime                0 1

/dev/sda3                  none                    swap                sw                        0 0

/swapfile            none                    swap                sw,loop                0 0

/dev/cdrom                /mnt/cdrom        auto                 noauto,ro             0 0

/dev/fd0                     /mnt/floppy        auto                 noauto                  0 0

 

sys-block/gpartedのインストールについて

user $ sudo emerge --ask sys-block/gparted

 

app-portage/eixのインストールについて

user $ sudo emerge --ask app-poratge/eix

 

app-portage/gentoolkitのインストールについて

user $ sudo emerge --ask app-poratge/gentoolkit

 

app-emulation/vmware-toolsのインストールについて

user # sudo emerge --ask app-emulation/vmware-tools

 

app-editors/leafpadのインストールについて

user # sudo emerge --ask app-editors/leafpad

 

app-portage/flaggieのインストールについて

user $ sudo emerge --ask app-poratge/flaggie

user $ sudo flaggie –bindist openssh

 

USE Flagsについて

http://gpo.zugaina.org/Newest

 

BIOS boot partitionについて

The BIOS_BOOT partition is not used by Linux, so it appears to be not in use in your screenshot.

Grub uses the BIOS_BOOT partition to store part of itself.

Grub reads it directly. There is no filesystem there.

It’s normal.

 

BIOS_BOOTパーティションは、Linuxで使用されていないので、あなたのスクリーンショットで使用されていないように思われます。

グラブは、自身の収納部にBIOS_BOOTパーティションを使用しています。

グラブはそれを直接読み込みます。そこにはファイルシステムはありません。

その正常。

 

/dev/sda – GPartedのスクリーンショットです。

https://scrot.moe/images/2016/08/12/GentooXfce-2016-08-12-18-03-13.png

 

USE settingsについて

Examine the USE settings. If they provide the optional features you want, run the emerge again without the -p

If you need to change some of the optional features, adjust the USE flags to match your requirement.

There is no correct USE flag settings that we can tell you.

 

USEの設定を調べます。彼らはあなたが必要なオプション機能を提供する場合は、インクルードは-pなしで再び現れる実行

オプションの機能のいくつかを変更する必要がある場合は、あなたの条件に一致するようにUSEフラグを調整します。

私たちはあなたを伝えることができない、正しいUSEフラグの設定はありません。

Google 翻訳)

 

First, choose a desktop profile using

Code:

eselect profile

 

Next, run

Code:

emerge www-client/midori mail-client/thunderbird -Nvp

 

Examine the USE settings. If they provide the optional features you want, run the emerge again without the -p

If you need to change some of the optional features, adjust the USE flags to match your requirement.

There is no correct USE flag settings that we can tell you.

 

Gentoo Xfceスクリーンショットです。

https://cdn.scrot.moe/images/2016/08/11/GentooXfce-2016-08-11-04-56-39.png