Voyager Xfce on VMware Workstation 12 Pro

インストールに使用しましたISOファイルは、Voyager-9-Debian-efi-amd64.isoです。

 

仮想マシン設定のオプションの詳細の設定

BIOSではなくEFIで起動(B)にチェックを入れます。

 

仮想マシンをパワーオンします。

Debian Live with Localisation Supportを選択します。

live system Japaneseを選択します。

ドックのXfce Terminalを開いて、「setxkbmap jp」と入力して、Enterを押します。

メニュー → システム → Install Debian

 

日本語入力システムの構築について

IBus Anthyが利用できます。

ドックのソフトウェアをクリックします。

Anthy辞書管理, Anthy, Leafpadをインストールしました。

 

Applicationsのインストールについて

user $ sudo apt update

user $ sudo apt dist-upgrade

user $ sudo apt install task-japanese task-japanese-desktop

user $ sudo apt install chromium mutt pcmanfm vim chromium-l10n, thunderbird-l10n-ja rng-tools

 

VMwareTools-10.1.6-5214329.tar.gzのインストールについて

user $ uname -r

4.9.0-3-amd64

user $ sudo apt install linux-headers-4.9.0-3-amd64

 

VMware WorkstationのメニューVM(M)→ VMware Tools(T)を選択します。

user $ sudo mkdir /mnt/cdrom

user $ sudo mount /dev/cdrom /mnt/cdrom

user $ ls /mnt/cdrom

user $ tar xzvf /mnt/cdrom/VMwareTools-10.1.6-5214329.tar.gz -C /tmp/

user $ cd /tmp/vmware-tools-distrib/

user :/tmp/vmware-tools-distrib$ sudo ./vmware-install.pl

Do you still want to proceed with this installation? [no] と表示されましたら、「yes」と入力して、Enterを押します。

後は、すべての質問にEnterキーを押して、すべてのデフォルト回答を使用します。 次に再起動すると完了します。

 

Voyager Xfceスクリーンショットです。

https://cdn.scrot.moe/images/2017/07/01/2017-07-01_20h31_53.png

https://cdn.scrot.moe/images/2017/07/01/2017-07-01_20h43_52.png